ahamoと楽天モバイル 海外旅行大好き人間ならどう使うか | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

ahamoと楽天モバイル 海外旅行大好き人間ならどう使うか

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒新しい時代の、持ち物リスト

私とっては納得できる値段で売っているならば、事前にプリペイドSIMを買って使うのが、安くて早いベストソリューション。もしくは現地で買うし、一人旅なら、手段は複数持つ。それがそれなりにプリペイドSIMを使ってきた私の結論です。

私はSIMロックされていないスマホを二台持ってます。こちらもどうぞ。⇒日本のZenfone3を海外に持っていくときの挙動。やはり海外に行くなら「手段」は2つ以上あるといい

でも、こういうものの扱いに慣れておられない方、設定が自分ではできないという方にお勧めなのが、レンタルのポケットWiFiです

世界中でインターネット!グローバルWiFi

以下は、慣れれば安くてお手軽で安全な、外国のプリペイドSIMの世界です。

チャレンジしてみる?

広告—————————-

2017年に台湾の台北でシンプリーレッドのエステを体験させていただきました。
kkday【台北】超高級スパ・シンプリーレッド(橙花想紅)で心と体を癒しましょう!

シンギングボウルが体に響きましたよー。
⇒台北:橙花想紅(Simply Red)でボディマッサージ!

——————————引き続き「姉御の一人旅ガイド」をお楽しみください。

ahamoの海外ローミングが通常プランの中に入ってるのが魅力的だけど。

2021年3月にサービスを開始した、docomoのahamo。eSIM対応もし始めましたね。

ahamo

海外旅行大好き人間にはかなり魅力的です。

というのも、ahamoでの海外ローミングが通常プランの中に入ってるから。 

  • 20GBの月間利用可能データ容量で、追加料金なくご利用可能

といいつつも、

  • 海外で最初にデータ通信を利用した日(日本時間)を起算日として15日経過後の日本時間0時以降に、海外では通信速度が送受信最大128kbpsとなります。本速度制限は、月間データ容量を追加購入しても日本に帰国しデータ通信を行うまで解除されませんのでご注意ください。
海外データ通信 | サービス | ahamo
追加料金不要で、海外82の国・地域でデータ通信がご利用になれます。

これが、翌月になると解除されるのか。帰国後に一度解除されて、次の出国では15日間のカウントが再度始まるのかがいまいちよくわからないんです。

海外旅行で使用するのが目的で契約しようと思っている場合には、契約時点でこの15日間のカウントについてきっちり考えないとがっかりすることになると思うから要注意。

このカウントが、翌月なり、帰国後の解除なりがあるならば、こういう周遊SIMが必要なくなるかなーとは思ってるの。

楽天モバイルは2GBまで海外ローミングは通常プラン内

私がeSIMで契約している楽天モバイル。⇒楽天モバイルでeSIMを契約して、iPhone SE(第二世代)にのせた

月々2GBまでならば海外データローミングも通常プラン内で使えます。

楽天モバイル

さらに、データ容量を追加したい場合は、500円/1GBでデータチャージ可能です。

海外ローミング(データ通信) | オプションサービス | 楽天モバイル
楽天モバイルの「海外ローミング(データ通信)」サービス紹介。現在利用中のスマートフォン(スマホ)のまま、世界各国で定額料金でデータ通信ができます

私が契約した頃は、楽天モバイルでの海外ローミングは難しそうでしたが、2021年8月現在、iPhone12シリーズとSEでも楽天モバイルでの海外ローミングが使えるようです。

SE

この通り、12シリーズか、SEかの選択しかなかったので、SEは私の持ってるiPhoneSE第二世代と思ってるんだけどね。

海外ローミング 対応エリア・料金 | お客様サポート | お客様サポート | 楽天モバイル
海外渡航先での、お客様がご利用の製品の利用可否、データ通信の利用可否を調べることができます。

例えば、私が行きたい行きたいと騒いでいる西安のある、中国。

中国

中国聯通も中国移動も使えます。

実際に2022年1月にチケットを持っている台湾では、中華電信か遠東でローミング可能。

台湾

楽天モバイル

 しかし、チャージの1GBで500円は高いと思います。

実際に姉さんが近々海外に出かけるならば、楽天モバイルはバックアップとして使うかな

なので、私はiPhone SEに楽天モバイルはeSIMで契約してるのね。だから、現地のプリペイドSIMと合わせて楽天をバックアップにするのが一案。

周遊SIMは、結構使えるものですが、AISは使い捨て前提でクオリティーがあまり一定しないんだよ。

現地の空港では足元を見てSIMが高いということはある。エリアとしてはヨーロッパはそういう土地柄だと思って良い。

だから、現地の公式ストアなどでプリペイドSIMを買うまでの繋ぎとして、楽天モバイルを使うって感じかな。

もう一つは、Amazonなどで買ったSIMがうまく使えるかわからないときの、バックアップ用ですね。2GBあれば当面しのげるし。確かに割高ではあるけれど、場所によっては現地のSIMが1GBで500円以上するところもあるかもしれない。

いずれにせよ、楽天モバイルは、値段もそうですし。「海外でも使えれば良いよね」くらいの感じかなーというのが本音。

その他の国のSIM
香港に行く方も、そうではない方も。空港では気を抜かないで! ⇒香港空港で財布をとられた方の話を聞いてください
気に入って使ってるモバイルバッテリーは、TypeC マイクロUSBどちらでも入力できるAnkerの商品。満充電までかなり時間がかかるし、ずしっと重たいけれど。旅行用には結構便利に使える。

スポンサーリンク
anegoをフォローする
Facebook ページで更新を受け取れます

姉御の一人旅ガイド

Copyrighted Image