その人は信用できますか? | 姉御の一人旅ガイド
スポンサーリンク

その人は信用できますか?

観光業界を守るために、国内旅行をしましょうと言われても逡巡してしまう体力の持ち主ですが、ここまで安くなると行っちゃう。⇒愛用してるJALダイナミックパッケージは航空券+ホテルの組み合わせ。

旅行する場合には、自分が無症状感染者であるという前提で行動するべきかな。撒き散らさない・感染しないようにする努力を続けて自分を、そして誰かを守りましょ。

こちらもどうぞ⇒コロナの時代の、持ち物リスト

以前書いたことと少し被りますが、今度は海外で出会う人の話。

一人旅だろうがなんだろうが、「人」に会わないことなんてあり得ないのです。一人旅だからこそ、現地の人に助けてもらわねばならないことがたくさんあります。駅で。空港で。街角で。ひょっとしたら、病院で。

そういう、人のいる場所には「網」を仕掛けている人がたくさんいます。スリ、強盗もいれば、恋愛詐欺師もいるかもしれません。

出会ったその人は信用できますか?

今のところ、私はひどい目にあったことがありません。ひょっとしたら気づいてないだけかもしれないのですが。
そんなに構えることはありません。

相手を選ぶのは私

一つ言えることがあるのです。
「話しかけてきた相手」は私を「選んで」いるんです。この場合、相手が悪意を隠し持っていると私は相手の優位な状況で戦うことになります。しかも、舞台は相手のホーム。

でも、「私が選んだ」相手は?

相手に悪意があろうがなかろうが、相手は私のフィールドで戦うことになります。私には悪意はない。単に困っているだけ。おそらく、大丈夫。もしも、私が選んだ相手にひどい目をあわされたら、私の目が間違っているわけです。・・・へこむけど。

誰を選ぶのか

単純にパターン化してしまうとまずいのですが、私が選ぶ傾向を書きます。これにしたがって話しかけてひどい目に合っても自己責任で。

自分と同じにおいのする人

同類ですね。私は英語を喋る=相手も英語を喋るだろう、というのが一番大きいです。
自分と同じにおいのする同世代のカップルとか最高のターゲットです。

賢そうな小学校中学年くらいまでの娘を連れたパパ

休日に狙うのはこういう人。
父と娘が二人で歩いていれば、かなり家族の関係も良い。きっと娘は「今日パパはね、外国人のお姉さん(おばさん)に話しかけられたんだよ」とママに話すでしょう。

そういうパパはおそらく私に悪意や関心を持たない。それに、「賢そうな娘の父親」はきっと英語も喋るだろうし、ひょっとすると娘の方が流暢に喋るかもしれない。

身なりの良いマダム

方向が間違うこともあるのですが、マダムは結構英語を喋ります。日本でもそうじゃない?

 

その人は信用できますか?

⇒その場所に知り合いはいますか?いたとして、その人は信用できますか?

▶︎一人旅のTips! に戻る

Copyrighted Image