今更だけど、ZenFone3を注文しました

台湾での発売が2016年の夏。
日本での発売が2016年の秋。

で、2017年の1月が終わろうとしているこの時期、日本でもZenFone 3 LaserZenFone 3 Maxと出ているのですが、ここであえてのZenFone 3、それも日本版を購入しました。(Ultra?とかDeluxとかあるんですが、ZenFoneの高級ラインは眼中になかった)

私が買ったの、あの、むやみやたらと高い日本のZenFone 3ですよ・・・。

日本の技適通ってんだからねっ!
認証

「今」買った理由

初期ロットはすでにさばけていて、今購入するものは初期ロットではないのではないかと期待したからです。

私はなんであれ、初期ロットは避けたい人。

ZenFone 3 にした理由:FOMA音声通話とMVNOデータの組み合わせられる

まず、3 Laser、3 MaxはCPUが低すぎると思いました。スナドラ600シリーズのZenFone Selfieでも1年で不満を覚えましたから、それよりもCPUのスペックが低いと1年使う気になれないのではないかと思いました。

次に「格安スマホガイド」を書くにあたっていろいろ見たのね。
そうすると、ZenFone3ってどうもFoma音声SIMとMVNOデータ通信SIMの組み合わせが効くらしいのです。

書いてますけど、私、ガラケーユーザーなんですよ。だってFomaって安いから。MVNOにも5分間の通話は無料、というものもありますが、通話は必ずしも5分ではすまないもん。

ほら、荷物多すぎの自覚があるもので、FomaにデータSIMの組み合わせは魅力的だったのです。
(できました⇒ZenFone 3で、FOMA(3G)音声通話&4Gデータ通信ができるようにした!

他にFOMA+データSIMの組み合わせができるらしい機種は、Huawei Mate 9。
⇒Huawei Mate9って、頻繁に中国に行かれる方にはぴったりじゃない?

これも初期ロットがはけた後だし。中国旅行を計画してるし。6インチ近い大きさはiPad Mini2の後釜として悪くないというよりもむしろ良いと思ったんですが。

・・・値段が落ちてきたとはいえ、高い。6万円は高い。あと、ストラップをつけられるケースが見つけにくそうでした。


このケース、可愛くないですか?このケースが最後の決め手でした。

日本版を購入した理由

技適が気にならないといえば嘘ではない

台湾版は通ってないみたいなんですよね。

でも日本版なら確実に通ってるんだよね。それが気にならなかったわけではないです。日本版でSIMフリー(英語的には超キモい言い方だし、正確に言うと、”SIMロックされていない”)が買えるならそれで良いのではないかと思いました。

4GB/64GBに心が揺れなかったわけではない

日本版はRAMが3GBで内部メモリーも32GBです。

ところが、よく見るとねえ。台湾版にはRAMが4GB、メモリー64GBのものがあるみたいなですよ。それも、5.2インチのもので。で、それがアマゾンでも購入できる。

しかも値段が日本版よりも安いときた。

4.3万円でRAMが3GBと3.8万円でRAMが4GBときたらそりゃ4GBの方がお得ですよ。あえて3GBを買うお前は馬鹿ではないかと思わないでもない。

しかし、経験からRAMよりCPUの方が重要ではないかと思っていて、スナドラ600シリーズならおそらく快適に使えるのは発売から1年。と思うと、4GBを輸入業者さんから買うメリットって・・・?と思いました。

Amazonしばりだった

以前Xperia Z5 Compactを輸入したエクスパンシスに4GB/64GBのものがあったのですが、今回はAmazonしばりでした。

というのも、ブログのおかげでAmazonのギフトカードがすこし溜まっていて(もちろん一ヶ月分ではない)、これを利用したかったのです。

下にも書きますが並行輸入業者さんがどうなんだろ・・・という感じで。

エクスパンシスがAmazonに出品していたら4GB/64GBのものを買ってたかもしれないです。

また、MVNOから購入しなかった理由はZenFone3に24ヶ月も拘束されたくないこと(=分割は選択肢にない)、上述のようにAmazonしばりだったことです。

ASUSでのUSB Type-Cの初代では?並行輸入では何かあったら面倒じゃない?

ZenFone 3からASUSは充電がUSB Type-Cに変わっています。
ケーブル

バッテリーって結構怖いものだと思ってて。特に何があったというわけではないですが、機械を買い換えるたびに小学生の娘に古いものを分解させたり、マンガン乾電池を分解させて原理を説明するような父親の元で育ちますとね。そういうところはかなり慎重になります。

さて、マイクロUSBからType-Cに変わってるのですが「最大5V/3Aの15Wという大電力に対応し、大容量のバッテリーを今まで以上のスピードで充電できる」らしいのですよ。
2016年夏登場Androidスマホの注目技術、「USB Type-C」のメリットは?(価格.comマガジン)

単純に形状が変わっただけ、とは言えないようです。それで、並行輸入品を扱う出品者さんで、AMAZONでいくつも評価されているところなら模造品ではないだろうと期待するけれど。それでも、不良で充電できないよ?、というようなときにどうします?それも初期不良ではなくて半年後くらいにそうなったら面倒ですよね。海外モデルは日本のASUSでは対応しないということですし。(リコールになったらそうはいかないと思うけど)

というわけで?

というわけで、AMAZONで購入したのですが、Amazon本体が売る分は終わっているようで、マーケットプレイスからの購入です。

出品者さんはEDION。家電量販店なら確実だろうと思って。我が家に到着するまでに二日かかりました。私は急がないので問題ないのですが、もしも壊れた!代替が必要だ!というときは交通費をかけて(?)家電量販店に行くのが良いのではないでしょうか。もしくは、従前使っていたものをスペアとして用意しておく。

色はブラックよりもホワイトの方が鞄の中で見つけやすいのではないかと、ホワイトにしました。

ZenFone3でFOMA SIMで音声通話、&これまでガラケーで使っていたドコモのメアドを使えるようにしました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする