ほぼ衝動買いでXperia Z5コンパクトを輸入しました

香港から輸入、しちゃいました!
繁体字

「輸入」にした理由

安かったから。それとタイミングですね。

ドコモのiPad Miniの年季が開けるのが2016年の6月かな。なので、7月に次のものに変えるのが良いのですけど、そのまえに中国旅行に出かけたいと思ってるので。

ドコモだったらSIMロックを解除してもらえばいいし、本体価格に月々サポートが入って割り引かれます。保険もきくし。

それでも輸入にした理由は、料金の方が問題でした。

ドコモの5GBがシェアパック5で6,500円なんですね。税抜きかな。
それに対して、今、ZenFoneにいれているmineoでは、5GBにすると税抜き1,580円なのです。

私はほぼ毎月一泊は(国内で)外泊をしますし、その時には大抵iPadで動画を見ています。だから5GBくらいの大容量が必要です。

圧倒的でしょ、この6,500円と1,580円の差って。

いくら、機械本体月々サポートで実質0円と言われても、毎月の差が5,000円だったら。5万円の機械だったら10ヶ月で元が取れるのです。

mineoで十分じゃね?

家でmineoで動画を流してみましたけど、滑らかでした。もちろん、タイミング、ホテルで割り当てられた部屋の位置、など不確定要素が大きくなるのは確かです。でも、ドコモでもそんなものだと思うのです。

それで、今ZenFoneに入れているmineoで満足しているので、(iPad Miniの契約が切れたら)mineoで容量を大きくして、NanoSIMに交換するかなにかしようと考えていました。


mineoを使う場合は、Amazonでエントリーパッケージを買うと、初期手数料を安くできます。

通話は、私の場合は外国でも通話だけローミングする必要があります。そのためドコモのガラケーが一番です。

Expansysを選んだ理由

・・・広告をたまに貼ってるから。という見も蓋もない理由もなんですけど、一番は一年間保証してくれるからです。

ぐぐっても評判も悪くないし。

Amazonに出している業者や個人から購入しても良かったのですが、初期不良などがあれば交換してもらいたいじゃない?それをAmazonだったらどうなんでしょうね。お願いできそうにないので、輸入することにしました。

Z5 コンパクトにした理由

すでに次のXシリーズの情報が出ているのですけど、3種類あるのに、画面が5インチしかありません。もう少し小さいもの、もしくはうんと大きい(6インチくらい)ものが欲しかったのです。

Z5Cの大きさは4.6インチ。CPUはQualcomm MSM8994 Snapdragon 810。

ZenFoneがあって、まあまあ満足しているのですが、残念なことに中国移動のLTE(バンドでは38以上)を掴んでくれません。Z5コンパクトは、中国移動の3Gはつかみませんが、LTEがつかめるようなのです。

さらに、合計5万円強というお手頃価格で、(RAMは2GBと落ちるんだけど)Z5とほぼ同じ機能っぽいのですよ。

そりゃ売り切れてるよね、とあきらめていたんですがが、Expansysに追加されたんですよ。

追加されてる!→買う!になり、ほぼ即決でした。

>>Expansys Xperia Z5 コンパクト
icon

3/4に注文して3/6に到着しました

こんな感じ。

yamato

この国内配送の次に最寄りのヤマトの集配センターががきてました。香港での出荷が5日(4日は伝票を作ったりしていたのかな)。すごいなあ、ヤマト。

4日の注文も、午前中ではないんですよ。

港女に頼まれて、EMSで香港に物を送ることがあるのですが、2日間では届きません。3日間はかかるね。

ちょっとびっくりしたこともあった

Expansysから送られてきたリンクをクリックすると、こうなってなの。

謎の・・・

???

え、ヤマトやめたほうが良かった?フェデックスにしたほうが良かった?と思ったのですけど。

のちにヤマトからメールが届いて、そちらからはちゃんとしたリンクが入っていました。

届いたメールは4通

今回の購入で、メールが4通来ました。
メール

下から、Expansysの注文受付、発送しました、ヤマトの通関通りました(関税かかりますよ)、荷物の情報、でした。

速いというのもあるけど、非常に安心できました。

関税を支払った

今回は、関税を支払う必要がありました。メールでいくらかかるか教えてくれるので、玄関先で支払います。
関税
支払いは2,200円でした。
2015年3月4日現在、機械の代金が50,900円、送料が1,400円、そして関税が2,200円なので、54,500円でした。(なので、3月末に上海旅行に行こう、という計画はなくなりました。)

そうそう。ドライバーは「着払い」といっていました。確かに、用紙に「着払い」と書かれていましたが、配達員に「関税の徴収」であるとまで認識させるというのは酷な話なので、そういう運用なのでしょう。
箱

梱包はあっさりめ

まだケースや保護フィルムを買ってなかった(注文もまだだった!)ので、しばらくの間、このまま開くかどうか迷ったのですが、開きましたね。
あっさりとした梱包
あっさりとした梱包でした。でもXperiaの外箱もあるのだし、これで十分なのでしょう。

中身

中身はこのとおり。
中身

イヤホンがカナル式ではないのですが、USBケーブル、USB充電器(香港&英国式)!!!!!がまた一つ追加されました。日本の物はたくさんあるから、不要です。これで香港&英国式の充電器が壊れたり、忘れ物(めったにしない)しても大丈夫!

セッティングをする

これね、背面がガラスなんですよ。ドコモの店頭で見たときに、これはするっといって、背面までも割りかねないと思いました。側面はプラスチックでちょっと安っぽいくらいなのに。こういうところがオーバースペックなんだよね。プラスチックで十分なのに。これはケースが絶対に必要だと思いました。もしくは、背面を保護するフィルムがいるのでしょう。私、嫌なんですよ。割れるのが。

それで開けるのに躊躇していたのです。でも好奇心には勝てぬ。
Xperia Z5 コンパクト

SIMスロットはここ。
SIMスロット
なんども出したり入れたりすると壊してしまいそうな雰囲気です。こういうところなんだろうね、iPhoneの良さは・・・と思ってしまった。

スイッチを入れると。

繁体字

さっすが香港版。香港時間だし、繁体字だった!

繁体字で持つべきかしら・・・と思ったけれど、むしろ、英語ならありなんだけどね・・・。

Bridge for mac

Transferして大まかな設定は終了です。ただ、古いので撮影した写真が、かなり荒く見えます・・・。
なお、日本の技適は通っています。
技適
>>Expansys Xperia Z5 コンパクト
icon

専用のSIMはまだ必要ないかと思っていましたが、mineoのSIMを入れて使用しています。
満足です。

このように運用しています

実際の運用記録です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする