ad

ウィーンの旧市街を歩き回るとわくわくする [2014年7月 ウィーン旅行]

ヨーロッパの都市はもともとは城壁で囲まれていました。

ウィーンも同様です。ただ、その城壁はとうの昔に取り壊され、道路になっています。その内側を「リンク」と呼ぶのです。

中心地はシュテファン寺院ですが、それ以外も歩くだけで楽しい。

最古の教会・ルプレヒト教会

St.Ruprecht。
ウィーン ルプレヒト教会

ドアが開いていなかったのですが、引いてみたら開いていたかな?

ウィーン ルプレヒト教会

この教会一つが異彩を放つ建物でした。外からみたところ、ロマネスクとゴシック、さらに増築されているようですね。中でどうなってるのか見たかったなあ。きっと第一次ウィーン包囲も第二次ウィーン包囲も知ってるだろうなあ。

マリア・アム・ゲシュターデ教会

続いては、すぐ近くのMaria am Gestade。

こっちは明らかにゴシック様式です。ただ、シュテファン寺院と比べると素朴。
マリア・アム・ゲシュターデ教会

入れるようなので入って、パシャりとして後悔したのでした。だから出さない。

だって本当にお祈りなさってる感じだもの。ごめんなさい。

シュテファン寺院みたいに完全に観光地化されていれば、遠慮なんかしないのだけど、こういう教会ではこれ以上は撮影せず。とても静謐な空間でした。

シュテファン寺院だって悪くはないんだ。かっこいいよ。
⇒シュテファン寺院の塔に登ってびびりまくる

古い街並み

ですから、正直に申し上げて、マリア・テレジア以降の神聖ローマ帝国には興味ないです。ウィーン包囲!ウィーン包囲!

しかし、都市は生き物で、首都・ウィーンはマリア・テレジア以前の姿なんてほとんど残ってやいない。それはいくらオーストリア人の狂った感じの人が「私は江戸幕府に興味はあるが、徳川家光以降の江戸幕府には興味がない」と言い張ろうが、現在の東京にはその姿はほとんど残っていないのと同じでしょう。

しかし、歩いていて、こういう古っぽい建物を見るとウキウキしてきます。
古い街並み

こういうところにはあまり観光客は入ってこないのかしら。

まさにレゴにあるような窓!

古い街並み

面白いんですよ。建物と建物の間にハリが渡してあって、ひょっとして支え合っているのかしら。

古い街並み

石畳の道とその壁と。

古い街並み

そういえば、ウィーンの良いところって、壁に水のシミがないことです。北欧なんてね・・・早朝歩くとそこらに湯気の立った・・・ってどういうことか分かりますね・・・立ちションベンしやがるんだもの。

私、人の後を歩いていく癖がありまして、この人どんなところに行くんだろう、と観光客っぽくない人の後をつけてみると、建物の中庭を突っ切って行ったり。なかなか面白かった。

案外高低差がある

マリア・アム・ゲシュターデ教会の近辺は案外高低差がありました。

教会付近から。

マリア・アム・ゲシュターデ教会

突然現れた陸橋。

アーケード

m Gestadeとあるので、マリア・アム・ゲシュターデ教会から降りたところなんだろうな。

案外こういう陸橋がありました。

アーケードだって雰囲気たっぷり

商店街なんだろうけどなあ。アーケード。
アーケード

人はあまりいなかった。

でもねえ、雰囲気たっぷりなんですよ。

アーケード

他にも、果物を売ってる屋台があったり、歩き回るだけでもとにかくワクワクします。

確かリンクを歩き回るだけ、という現地ツアーもあったと思う。一人で適当に歩き回って、自分のセンスで勝負するのもいいけれど、最近はその後ででもいいから、解説してもらった方がより面白いかな、と思わないでもないです。

>>【最低価格保証】オーストリアのオプショナルツアー予約なら VELTRA

▶︎ウィーン女一人旅 目次 に戻る

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする