ad

ウィーン旅行のTips

個人の感想ということで。

言語

英語は通じない

これ、まじ。

ろくに英語は通じません。ひょっとしたら英語の通じなさは日本並みかも。観光地ではちらほら。レストランも高ーいレストランか移民のしている安ーいところくらいで、ミドルレンジのジモティがいくようなところ(私が行きたいのはこういうクラス)は無理かも。

日本でドイツ語を学んでも無駄

オーストリア女子曰く、「あんたたちがドイツ語を習ったとしても、ドイツの標準的なドイツ語だと思うんだ。オーストリアでは通じないから。あたしたちに理解できたとしても、あたしたちが言うことはわかんないと思うわけよ。ま、気にすんな」
だそうです。

ウィーン=国際都市 でも英語は通じないし、カジュアルにドイツ語で話しかけられる

オーストリア女子は田舎の人です。

大学進学まではウィーン(そんなに大都会ではない)に憧れていたらしいのですが、いざウィーン大学の見学に行くと「・・・こ、こんな都会ではだめだ」と別の大学を選択したという人です。私から見るとウィーンってそんなに都会とも思わないのだけどな・・・。

そんなオーストリア女子によるウィーン人について。

私が、ウィーンでは英語は通じないわ、どいつもこいつもドイツ語で気軽に話しかけられるわ、と困惑した話をしていました。

「さもありなん。というのもねえ、ウィーンの人ってね、凄くカジュアルなドイツ語を喋るのよ。そりゃ、私たちのドイツ語だってさ、ドイツの標準的なドイツ語とは違うわけ。でも、ウィーンの連中はすっごくカジュアルな言葉遣いをするのよ。あたしたち初対面よね?って戸惑うくらい」
「ほお」
「だから、ただただカジュアルなのよ、あの人たちは。あんたはドイツ語がわかんないから困惑しただけかもしれない。ドイツ語がわかったら堅苦しくなくって好きだったかもよ」
「かもね。で、オーストリア人は英語をしゃべらないと」
「そ。喋らない」

ウィーン人=大阪人という図式が出来上がった瞬間でした。
それなら氷解です。関西弁で外国人にカジュアルに話し続ける大阪人と、ドイツ語で外国人にカジュアルに話し続けるウィーン人と似てません?

どこででも「明らかにドイツ語を喋りそうにない」私に向けてドイツ語で話しかけられるのでオーストリア女子、大爆笑。

よ、読めるぜ、ドイツ語

英語の看板とか道路標識とかありません。amseeとかbachとかがいちいちLakeやRiverに直されることもありません。それでも、アルファベットなので読めてきます。

帰国後、韓国に行きましたが、韓国のど田舎はハングルオンリーで完全に意味不明理解不能な世界でした。あれと比べればドイツ語圏はまし。

治安

書いてないか。夜、適当にトラムに乗ってぶらぶらする、というようなアホなことをしてみようと思える程度には治安は良いです。ただ、どこにでも犯罪は発生してますから。そこは気をつけて。

鞄を開けっ放しにしたままぶらぶらするとか、ガイドブックを見ながら歩くとか。一人旅でなければありがちですが、日本語で大騒ぎしながら歩くとか。そういう悪い意味で目立つことをしなければ良いんじゃないかな。

少なくとも2014年は。

物乞い

路上に座り込んでいる物乞いだけでなく、犬を連れたおっさん(お兄さん?)の物乞いが話しかけてきました。

日本ではホームレスが物乞いをすることもないので、ヨーロッパに行くと堂々と手を伸ばしてきたり話しかけてくるので驚きます。かわいそうではあるのですが、マフィアの資金源の一つらしいです。

心を鬼にして無視。
⇒オーストリアの物乞い問題

公共交通機関

トラム、Uバーン、バスと乗りましたが、時間に正確だし、安全だし、安いし。
日本はよく「公共交通機関が発達していて」と日本人は自慢しますが、比べる対象はアメリカですか?ヨーロッパの都市は日本から見ると決して大きな都市ではないのです。そこの公共交通機関の発達の仕方を見ると、日本ってちっとも発達してないよなーと思います。

とろい

いろんな意味でとろいです。はい。

カード社会?

レストランはキャッシュオンリーのところも多いようです。

▶︎ウィーン女一人旅 目次 に戻る

▶︎一人旅のTips! に戻る