ad

台北でプリペイドSIMのバウチャーカードを買うなら台北地下街Y区へGO! (2016年12月版)

リチャージカード(バウチャーカード)を安く入手したい

中華電信のリチャージカードは「如意卡」というのですが、コンビニで買えます。i-bonで買ってその場でチャージするタイプならすぐに買えます。カードになってるタイプは中華電信の店舗をあたるか、コンビニを複数あたって探さないとないかもしれないけど。

そのリチャージカードですが、台北にも高雄にもリチャージカードを安く売ってくれる店があるんですってよ。

台北:台北地下街 Y16より西
台湾でリチャージカードを安く入手する方法(台北編)(紅玉のぼあきんぼあきん)

なお、高雄にもあるそうです。
高雄:高雄市河北二路82號
台湾でリチャージカードを安く入手する方法(高雄編)(紅玉のぼあきんぼあきん)

台北地下街Y区とは

行ってきました。

台北地下街とは、台北駅(台鉄・高鉄・MRT)の地下にあるコの字型の地下街です。真上は人民大道かな。

Y区は市民大道の側です。多分一番庶民的なところだと思います。

Y16より西(北門駅の側)にはたしかにゲーム屋などがたくさんありました。この区域は東南アジア系の人たちが多い区域で、インドネシアとかマレーシア料理っぽいものを出すレストランがいくつかありました。インドネシアか何かのSIMかリチャージカードを売っている感じのお店もありました。よくわからない。

聯發通訊

再びバウチャーカード売り場
台北に行くたびに、「念のため」として購入しているのですけど、2016年6月現在、2015年6月に行った「喬儒通信」はなくなっているようでした。

どちらのお店もフィリピン系をターゲットにしているのではないかな?と踏みました。

フィリピン系=英語ですよ!楽です。

なお、現金決済の上に、レシートもくれません。
バウチャーカード

2016年6月に購入したものです。

2016年12月にも(今度はIF卡)を購入しましたが、お店がまた変わっていたようです。東南アジア系がメインターゲットのようですよ。

150元のものを150元で購入しました。

高額のものは割引率が高い

例えば、360元使えるものがたった265元で買えるというのが大変魅力的です。

つまり、台湾に(多少)長く滞在する方で、しかし、ポストペイドの契約はできない、するつもりはない、という方はおられるでしょ。そういう場合には、こういうお店でリチャージカードを購入すれば、多少安く上がります。

しかし、私の場合はSIMを延長させるという目的しかありませんので、枚数の方が重要です。

コンビニで買うと300元のものか500元のものかになってしまうので、100元や、150元のものがあるのがとても便利です。

コンビニで買えばバウチャーカードそのものあるかどうかは不明だけど、カードがありさえすればカード決済できるのですが。

もしも手持ちのSIMを「延命したい」という方は、ここで少額のバウチャーカード(リチャージカード)をお買いになって、Skypeもしくはアプリでリチャージするのが良いかも。

なお、このお店の最寄りはMRT台北駅ではなく、MRT北門駅です。

こちらも参考になさってみてください

▶︎台湾で使えるSIM もくじ に戻る

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする