ad

短い滞在時間の中でお茶を買いに行く[2014年7月台北トランジット]

SIMもちゃんとアクティブにできた。
⇒台湾・中華電信のSIMを台湾でリチャージして使用する
荷物も置いた!
⇒まずは桃園空港に荷物を置こう!

ようやく空港の外に出ます。目的はなんだ!お茶を買うことだ!もしも可能ならばディスクも買いたいな・・・。と思っていました。
今回は長栄バス5201番です。

ただただ、すぐに桃園から台北へ出るバスで、民権西路を通るもの(ほぼ全てじゃない?)に乗りたかったのです。写真に撮影してませんが、電光掲示板で見ると、すぐに出発するバスが長栄だったので、バスのチケット売り場で長栄のブースに飛び込み、人差し指を一本立てて(一人の意味)「いーがれん、たいぺいしてぃー」(「一个人、台北市」のつもり。「ヒトリ、台北」みたいな感じ)と言ってお金を払います。
お茶
ちょっと高いんですよねえ、長栄は。140元だもん。560円ですね。でも、東京のことを考えれば安い安い。80分近いかな、と思ったけれど、民権西路までなら40分で到着しました。速い速い。(注 2015年10月現在調べると長栄の5201は行天宮まわりで、民権路は通らないのではないかと思われます。実際のところよくわからないので、現地で確認してくださいませ。)

長栄バス (5201番)

桃園空港より;第二航廈→第一航廈→啟聰學校→成淵高中→馬偕醫院→救國團

http://www.taiwanbus.tw

「民権西路」とはいえ、降りる場所は近くの「成淵高中」なので駅まで少し歩きます。

冬だったらそのままお茶屋さんまで歩くのですが、夏なのでねえ。蒸し暑いのです。せっかくヨーヨーカーを頂いていますし、民権西路から地下鉄に乗って一駅。大橋頭駅まで行って、お茶屋さんまで行きました。
目的地は林華泰茶行と、そしてそのすぐ近くの林茂森茶行。どうも、茂森さんが華泰から飛び出た、というお話。

よく見えなかった方はこちらへ
20140714222015

林華泰茶行

林華泰茶行
台北市大同区重慶北路二段

缶の中に入ったお茶を試飲させることなく、葉っぱを見て購入するというお店です。問屋さんです。
150gから購入できるので、「飲む」方でなければ少し無理。私は飲みますからね。
高山茶(阿里山と梨山)と凍頂を購入しました。

ここはクレジットカードを使うことができます。日本語もおできになる方に対応していただきました。

お茶の最終行程(乾燥。ただ、葉っぱをブレンドして味を平均化させるのでは?)をこちらで行うようで、そこを少し見させていただきました。個人的にはそれより試飲させて欲しかった。

ここも比較的焙煎が強いかな。

しかし、2016年冬に行くとクレジットカードは受け付けない!と言われました。店員の態度が不快だったので、わざわざ行くことはないと思う。
⇒今回買ってきたお茶

林茂森茶行

林茂森茶行
台湾台北市大同区重慶北路二段

こちらも、缶の中に入ったお茶を試飲させることなく、葉っぱを見て購入するというお店です。林華泰茶行よりも新しいので「清潔感」があります。こちらの方が華泰よりも地下鉄側にあるので入りやすい、というわけでもなかったです。愛想の悪いおじさんがドアの所にたってて見てるんだもん。華泰に行って戻ってみるとまだ立ってる。でも「お茶欲しい」というそぶりを見せて入ると、もうもみ手をしそうに愛想が良くなるんだから。商売下手ねえ。

ここも150gから購入できます。
ここでは高山茶(阿里山)(梨山はなんか好みの香りではなかった)と凍頂、そして碧螺春を購入しました。碧螺春は中国のお茶と思っていたのですが、この葉っぱの産地は台湾だそうです。

こちらでも日本語のおできになる方に対応していただきました。林華泰茶行の方と顔が似ていて、一族だろうな、と思いました。

ここでもクレジットカードが使えます。

ググると華泰と茂森でお互いの悪口を言いあうことがあるようですが、私にはそんなことはありませんでした。

袋もそっくり。
お茶
左が華泰、右が茂森。
どちらも真空パックにはなっていないので、「飲める」だけ買わなきゃね。私は危うく300gちょうだい、とか言いかけて思い直しました。

ここは焙煎が強めで、あまり好みではなかった。

意翔村茶業

よく見えなかった方はこちらへ
20140714223515
また大橋頭駅に戻り、そのまま大安駅まで行きます。信義線に乗り換えるのですが、101方面は向かいのホームでした。正解だったみたい。そこで、信義線にのって一駅。大安森林公園駅で降ります。
ここでもう雨でした。うわあ。台北の良い所は軒があることかな。
目的地は意翔村茶業。

意翔村茶業(有)
106 台湾
台北市大安區新生南路一段161巷4之1號

試飲させるタイプのお店です。六つカップが並び、葉っぱにお湯が注がれます。
まずはスプーンをお茶に浸し、スプーンをひっくり返して香りを嗅ぎます。そして飲んで好きなものを選ぶのです。
ご主人は残念ながら日本語があまりお上手ではない。私は中国語がほとんどできません。
英語ができる方がおられたので質問事項はその方に通訳をお願いしました。店員さんなのかお弟子さんなのかわかりません。

ここでは、化粧箱に入って、中身は真空パックされています。
お茶

箱代かな、ほんの少し高めです。でも問屋さんと比べてもほんの少ししか変わらない(し、多分少し値引きしていただいたっぽい)というわけで非常に良心的だと思いました。

ここで購入したのは蜜香、高山(阿里山だと思う)、凍頂でした。
あー。レシート貰い忘れた!
クレジットカードは使えず、現金のみです。台湾で500元くらいしかキャッシュを持たない私ですが、実は福岡空港で少し台湾ドルに変えていたので助かりました。台北駅の三越の裏の光南でディスクを購入する予定だったのですよ。

1000元(4000円)購入したからでしょうか。そこにあったライチとマンゴーを頂きました。
お茶
「ライチは種が小さい新種です。マンゴーも(何かの香りのする)新種です」だそうです。
あのう。私これからヨーロッパなんですが。

ご主人、にこにこ。
そこにおられた方もニコニコ。

腹をくくりました。密輸します!
ではなくて、機内で食べるよ。で、食べた。

本当は日本に送るつもりだったのだけど

購入したのは計9パック。全てが150gくらいなので、1350gです。化粧箱があるので1500g。
別送品扱いにして日本に送るつもりでした。
しかし、雨で郵便局探すのも大変だし、空港は荷物置き場がペリカンだったし、クロネコも台湾にはあるから空港から送れるでしょ。郵便局が終わってても大丈夫でしょ、と思った私が馬鹿でした。その話はまた別に。

▶︎2014年7月台北トランジット疾走 もくじ  に戻る

★桃園空港は制限区域内なら、結構楽しく過ごせると思うんだ。

★SIM持った?音声通話も必要ないなら、日本でアクティベートできるタイのSIMをアマゾンで購入していくのがオススメ。

★クレジットカードの他に、プリペイドカードと国際キャッシュカードを用意して、お金を引き出せるようにするのが姉御のオススメ

★このとき、Fukuoka-Taipei-Vienna/ Munch-Copenhagen-Tokyoというルーティングだったのですが、それはANAのマイルでだした特典だったからです。
>>ANAカード

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする