ad



Booking.com

上海の仇を台北でとる!いや、飯の話。[2016年6月 台北女一人旅]

4月の上海は楽しかったです。

しかし。

しかし。

まず、小籠包がきちんと蒸しあがっていなかった。つぎに麺が日本の冷蔵麺みたいなのがあった。


食べ物の恨みは深いのだ。

この恨み!どこで晴らさん!

台北ですよ、台北。

いざ晴らさん〜

小籠包

三食小籠包でも良いくらいです。

ティンダイフォン

まずはティンダイフォン。これはDay1、到着した日に食べに行きました。

ティンダイフォン

さすがよね。さすがはティンダイフォン。美味しかったわ。そして、6つという量がちょうど良い。

そしてもう一つ、担々麺を食べました。

ティンダイフォン

汁なし担々麺です。

二つ合わせて242元。800円程度のものです。

小籠包と担々麺の組み合わせといえば、やはり、香港のクリスタルジェイドなのです。ジェイドの担々麺はなんだか臭みが強かったんだけど。ここは臭みもなく。ただし、辛さももう少し欲しいところです。

あれ?私、台湾で普通の辛さに満足できなくなってる!?日本ではそりゃ、辛めに辛めに、とやるのですが、海外では辛さ控えめにしています。なのに、ここは物足りなかったんですね。

お店は地下鉄忠孝復興駅からすぐの、SOGO忠孝復興です。

おそらく、ここが地下鉄やバスから一番歩かずに済むお店ではないかと思います。そのつぎは101のしたかしら。実は本店には行ったことがないのです。

この忠孝復興駅は、松山空港から乗った文湖線から板橋線に乗り換える駅なので、降りて先に食べようかと思ったのですが、一度ホテルに荷物を置いてから引き返しました。

それは正解で、18時19時の板橋線はかなり混むのでそんなに大きくないとはいえスーツケースを持って入るのは顰蹙ものです。バスも多分かなり混んでますしね。

京鼎楼

Day3のランチ。

じつはここは、5年越しかな。

2011年12月に行こうとするとちょうど休憩中で、その隣で食べたのでした。

京鼎楼

日本にも進出してきているのですね。なんと博多駅KITTEに入ってるようですよ。行ってみるかな。

福岡市内でおいしい小籠包が食べられるのは、博多阪急のティンダイフォン、KITTEの京鼎楼、そしてキャナル(というかグランドハイアット)の南翔饅頭店かな。なお、南翔は、上海で食べたのよりも美味しい。

さて、やってきました小籠包。

上海の仇を台北でとる2

10個ですね。これ以上食べられるかわからなかった、というか、疲れてきていたのもあって、それ以上注文できませんでした。

下や上の階にも座席があったようですが、私が入ったらどんどん入ってきていて、私が出る前頃には並んでおられました。

じつは、最後の三つを食べるときは結構口の中に押し込む、という感じでした。ランチに10個は多かったです。くら〜っとしてくる始末。

味が多少、くどい。

でも、値段も209元と高くないし、お手頃。

場所は林森北路。近くに金品茶楼もあります。

もういくつか小籠包を食べたかったのですが、時間がないというか、タイミング悪くこの二店だけでした。

つぎは麺や!

新光三越A8

まずは、Day2のランチ。信義の新光三越の一つの、A8の地下のフードコートです。

なんと、ここには添好運が入っていました。香港の恨み、って香港にそんなに恨みはないから。

新光三越

台北駅は結構混むのですけど、ここ、ガラガラです。フードコートそのものはかなり混んでいたんですよ。

信義の台湾人の口には合わないのかしら。なお、一番人気はなぜか、某うどんでした。観光客の俺さま、台湾まで来て食うわけがない。

ランチ

麺は温かいそうめんみたいなのでした。それにソースがかかった感じ。そういう食べ方もあるわねえ、という程度です。なお、私はそうめんは好きじゃない。

スープは、冬瓜と肉。

広東スープほど味気ないものではないけれど、やはり日本人からすると、塩気が足りないと感じました。私、西日本の人なので、東京の和食はしょっぱくて食べられたものではないんです。そんな人ですら塩気がないと思うから、関東の人なんかどうなんだろう。

特に夏はマイ塩を持って歩いた方がいいかもしれない。塩〜塩〜ってなりましたから。

220元。

台北駅三越側

雨であまりいろいろ行けなかったのもあり、ホテルのすぐ近くです。

まずはDay2の夕食。

排骨麺。

排骨

カリカリの豚肉もうまかった。

どうやら、ここは近くの予備校生が入るところのようです。そういうところはそんなにまずくないと相場が決まっている。

お茶が甘かった。あまり好きじゃないな、甘いお茶。

甘いお茶

でも、1日の終わりに一杯だけ甘いお茶、というのは悪くはない。

お値段は100元かそこら。

満足満足。

つまり、昼も夜もDay2は麺だったのです。

Day3の夕食

城中市場へ行った帰りです。

そういえば前回排骨麺を食べたところだ、と入って気づきました。阿貴的です。


ここと前日入ったところと、メニューが同じです。あと、温州なんとか、というのと、本当によく見かけた。チェーン店というか、ノウハウを売っているところがあるのでしょうか。

前日の麺は手打ち風ではなかったのだけど、前の記事を見ると阿貴的の排骨麺は手打ち風だったようです。

今度は牛肉麺。

牛肉麺

うん。手打ち風の麺ももっちりと、肉もうまい。やっぱり甘いお茶だ。上海博物館よりもうまいぞ!

値段はやはり100元かそこら。食に関しては上海よりも台北!!!

やっぱり魯肉飯は外せない!

小籠包、排骨麺、牛肉麺とくれば、次は魯肉飯。

Day3のランチ、ZenFoneぱりんこ事件の直後に食べたの。

魯肉飯

60元。

そして、夕食は、ZenFone受け取りにヒゲ張行くかなーと思ったんですが、ちょっと足がくたびれたので信義の誠品のフードコートです。

メインディッシュはこれ。

魯肉ソーメン?

魯肉ソーメンというか、魯肉ビーフン。

小南門はやはり、値段も安くて、お腹いっぱいになります。

確かこれも220元とかそんなものです。

なぜか野菜ジュースがつきました。今度のスープは冬瓜メインです。やはり夏の暑さにまだ体が慣れてなくて、ちょっと油っぽい汗を出しまくっている人には塩気が足りないんだけど。

というわけで、やっぱり台湾はうまかった。

そうそう。

塩分=ポテトチップスに走る

塩分、塩分、と思ってレイズを買いました。姉御さんは、ポテトチップスはお皿に出してお箸で食べたい子なんですが、ベッドの上で!袋から手づかみ!わーお・・・。

lay'sがしょっぱくない!

レイズって、すごくしょっぱくないですか?

ところが、これ。全然しょっぱくなかった。口が塩を求めていたんだわ、きっと。

▶︎2016年6月 台北女一人旅 もくじ に戻る

★今回は行きはANA、帰りは中華航空でした。え?と思われた?

★台湾へ行くなら、VISAカード&プリペイドカード&国際キャッシュカードの組み合わせがおすすめ!で

★台湾はプリペイドのSIMカードが使いやすいところです。

よかったらシェアしてくださいな♪

フォローしてくださいな♪

ad