ad

都会にスーツケースを持っていくときには身体の近くに寄せて!

東京に行くのにスーツケース持っていくのはダサいかなあ?

前回2015年8月東京一泊二日では小さいスーツケースにしなかったのです。最近は座骨神経痛も出てないし、荷物がどんどんどんどん減っていってしまい、一泊だったら機内持ち込み可能なスーツケースすら使わなくなってきました。

理由は、まずは荷物が減ったこと。次は東京ってすごく階段が多いから、なんです。

地下鉄から上がるのにエレベーターがない、とかザラでしょ?

でもダサいとは思わないけどな。二泊三日なら確実にスーツケースです。でも国内でそれ以上に宿泊して、かつ多少荷物があるのがわかっていたら、ホテルに荷物を送りつけ、帰りもホテルから荷物を発送します。だって面倒だもん。日本国内でしょ?宅急便が週に一回くらいの僻地に行くなら別だけど、私、今の所そういうところに行く予定はないの。

スーツケースは身体の近くに寄せるように運んでみて!

ただし、東京に限らず都会にスーツケースを持っていくときにはきちんと身体の近くに寄せて移動しましょうね。後ろに手をぐーんと伸ばしてキャリーを斜めにして運ぶと人ごみの中では本当に邪魔だから。

香港では沙田の駅(これがまたなかなかの人ごみ)で、5歳くらいの女の子がキャリーを引きずってて、しかも母親が子供の手を引いていて、危うく子供が蹴飛ばされそうになるのを見ました。あれもやっちゃいけない。

で、身体にぴったりと寄せて運ぶなら、二輪だとなかなか力がいりますよ。だから四輪、しかも取り廻しがしやすいものがオススメです。
サムソナイトのミラコロ(私のは旧版)を購入したのはそれが理由の一つなのです。

二輪だったらどうするのかというと、自分の後ろにぴたりとくっつけるように運ぶの。気がついたら腕が後ろに伸びちゃうから人ごみだけだけどさ。

わりに良いスーツケースを使ってみると良いと思うのだけど。
オンラインで購入する場合に、保証など一番確実なのはサムソナイトの公式かな。
>>サムソナイト公式オンラインショップ

同行者がいるなら横に広がって歩かないこと

それと、同行者がいるときには横に広がって歩かないこと。中学生ならまだしも小学生のお子さんがおられるならお子さんにはスーツケースを持たせずに、大人が大きめのスーツケースを持って主な荷物は大人が運んだほうが良いですよ。

「都会の歩き方を知らない田舎者一家」は邪魔

あるとき博多駅で見かけた家族です。
音頭をとっているのは粋がった感じの50前くらいの男性です。妻がいて、どちらかの親らしいおばあさんがいます。そして中学生くらいの娘一人と小学生くらいの娘一人です。でね。それぞれが機内持ち込みには大きすぎるスーツケースを一つずつ持っているのですよ。

で、だあああああああっと横一列に並んで歩いています。
・・・通行の邪魔。

都会の歩き方を知らないのね。

しかも、四輪スーツケースなのに全員が片手を後ろにぐーんと伸ばしてスーツケースを後ろに引きずって、ごーろごーろ。
四輪スーツケースは体の横に置いて押す方が遥かに楽なのですが、それはそこそこ取り廻しのしやすいスーツケースだからこそ。安物では「身体の横に置いて押す」なんてことができないんですよ。取っ手がベタベタになった安物を使ったことがある私は知っている。

しかも、間の悪いことに全員が私同様地下鉄にゆき、全員が私同様福岡空港まで行き、全員が私同様国際線ターミナルへ行きました。「とにかく」邪魔だった。すれ違うときに「田舎者めが」とつぶやいたりはしておりません。あくまでもポーカーフェイスざんす。

歩き方がわかっていないのは仕方がないとしても、理解に苦しむのはスーツケースの数です。
おそらくホテルの部屋割りはおばあさんが一人部屋、両親二人部屋、娘たちが二人部屋でしょう。ひょっとしたらおばあさんは両親か娘たちの部屋かもしれない。

それならどうして全員が一つずつスーツケースを持たねばならないのでしょう。小学生の娘は追いつくのに必死でしたよ。どこに行くのか知りませんが。大型スーツケースを二つと小型一つくらいにする方が楽だろうし、小学生の娘があんなに苦労することはないだろうと思うのです。中学生の娘が妹の物を入れるのを嫌がったなら、少なくとも小学生は小型にしてやった方が楽ですよ・・・。

ベストは片方の親が両親の荷物を入れた大きなスーツケースを持ち、もう片方が下の子とばあさんの荷物を入れた大きなスーツケースを持ってやればどれだけ子供達は楽なんだろう。中学生の娘は自分の小型のスーツケースを持てばいいのよ。

周囲が見えていない感じの両親なので、下の子の様子も見えてないんだろうなーと思いました。

ああいう田舎者になっちゃだめよ?

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする