ad

ケーブルカーで落下気分を味わって、さよならハルシュタット [2014年夏 ハルシュタット女一人旅]

ケーブルカー乗り場まで

ザルツウェルテンツアーで滑り台を滑ってね。
⇒ザルツウェルテン(岩塩抗)ツアーに参加して巨大滑り台で滑ったよ!

さあ、降りましょう。
ハルシュタット 降りる
オーストリア女子に電話します。
「ツアー終わったよ」
「降りたら駐車場の方に歩いて頂戴」

3のSIMを契約してましたからね。
⇒ウィーン空港で「3」のプリペイドSIMとヨーロッパ用充電器を買う

現地に友達のいる場合は、音声の使えるSIMがあると便利です。
行きは息をきらして登りましたが、下りはへっちゃら。ケーブルカー乗り場とザルツウェルテンツアー乗り場は結構あるのですが、見るところもあります。

ハルシュタット 降りる

聖女バルバラ。

こんな水が出てる所も。
ハルシュタット 降りる
行きでは水を汲んでいる人もいたのですよ。

さらに、発掘された骨なのか、レプリカなのかの展示のある小さな建物もありました。

ケーブルカー乗り場まで戻りました。

ケーブルカーに乗る

この高さからももうお別れです。

ハルシュタット 降りる

ここまで降りないとならないもの。

下を見る

乗り込みます。

一番前を陣取ってやる。

実は、窓がどこもかしこも汚れていましてねえ。湖側は切らざるを得なかった。
ハルシュタット 降りる

少しカメラの位置を変える。

ハルシュタット 降りる

私は最前列で横を向いてて、カメラにお任せ。

カメラにおまかせ。おまかせにするとどうしてもうまく写せませんね。

あー怖かった。

半分ふらふらしながらケーブルカーから下りました。
ハルシュタットって、自転車旅行をする人たちが一度立ち寄るらしく、自転車乗りがとても多かったです。
ハルシュタット 降りる

さよなら、ハルシュタット

やばいやばい。オーストリア女子を待たせてた。

「速かったじゃん」
「待たせたら悪いじゃん?」
「あはは。実はね、あたしは歩いて下りたのよ。一時間くらいかけて下りたかな。どうせあんたはツアーで時間がかかるしと思って」
「は?ああ、片道チケットだったの」
「往復買ったの。だけど、あんな恐ろしいもん乗りたくないし。帰ろ」

怖いポイントがまるで違うんですねえ。歩いて下りる方が私には怖いよ。

「そうしよ」

さようなら、ハルシュタット。連れてきてくれてありがとう。

「ザルツウェルテン楽しかった?」
「うん。滑り台で滑ったよ」
「わー!」
「見てみ、ワンピが裂けた」
「それは残念。かわいいワンピだったのにな」

夏の空、水のせせらぎ、草いきれ。さらばハルシュタット。

▶︎ ハルシュタット もくじ に戻る

★ハルシュタットは個人的にイチオシ。ただあまり行きやすいところではありません。時間があまりないならザルツカンマーグート観光と合わせた、添乗員付きのツアーが一番楽だと思う。
>>ルックJTBならではの特典満載!ヨーロッパツアーはこちらで検索

★ウィーンやザルツブルクからの現地ツアーを購入するのも一案
>>【最低価格保証】オーストリアのオプショナルツアーをなら VELTRA

★全部個人手配にするなら、ザルツカンマーグートと合わせてバートイシュルを拠点にするかな

★SIM持った?私は次回のヨーロッパでは多分事前に周遊ローミングSIMを手配していくと思う

★クレジットカードの他に、プリペイドカードと国際キャッシュカードを用意して、お金を引き出せるようにするのが姉御のオススメ

ad



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする