ad



魯肉飯!魯肉飯ったら魯肉飯 [2016年冬 台湾旅行]

小籠包はマスト。

じゃあ、その次は?

私は魯肉飯。

台北市内をふらふら歩いて魯肉飯を食べると、相場は30元かそこら

ご一緒した方が「ローカルなところで食べられるんですか?」とおっしゃったのです。

うん。私、一人でふらふら入って食べてるな。

ただ、八角が苦手なら難しいかもしれないです。

多分重慶北路

多分重慶北路だと思う。Qスクエア(バスターミナル)の向かい。
中山?

見たらわかると思うけれどタバコ禁止。なので空気はきれい。

何か白いのがかかってますが、おばちゃんがかけてくれたの。

中山?

吉林路

行天宮の方です。

吉林

台湾のこういうところは、路面側にキッチンがあって、奥で食べるの。主にテイクアウトなのかな。

吉林

ここもやはり30元程度です。量はほんのわずか。

こういうところはレシートもないです。テーブルを見てくれると分かりますが、そんなに不潔というわけでもない、と思う。

髭張

ローカルな食堂がアレというのはわからないでもなくて。そういう場合はチェーン店の髭張がいいのではないかなあ。

台北駅南部のホテルに戻って、それから何を食べようかとフラフラ歩いてまして、気が付いたら西門町まで行ってましたよ。行くなら昼間にすべきなんだけど。

やっぱり相性悪いところってあるわけで、あまり好きではないのですよね、西門町。

というわけで、地下鉄に戻るのですがここは青い板南線。あ、そっか。というわけで善導寺駅まで行って髭張に行きました。ここねえ、空いてるもん。忠孝路の「善導寺」側ではない方(南側)の、101の方向(東側)に歩くとすぐに見つかる。

髭張

地下鉄の駅に戻る前に全聯福利厚生(すごい名前だけどただのスーパーよ)でお買い物もできます。

今回は玉米湯=とうもろこしのスープをつけてみました。ティンダイフォンのA菜が美味しかったのでA菜にしてみた。まあ、いいのではないかなあ。ホテルの朝食で出てくるようなコーンスープだったのは確かだけど。

こうすると多少値段があがります。3品あるから、というのもあるけれど。

ただ、チェーン展開しているお店で、そんなに当たり外れもないし(というか、ひどい魯肉飯って食べたことがない)、清潔に見えるし、店内も明るいし、入りやすいので、良いのではないかと思います。

▶︎ 2016年冬 台湾旅行 もくじ に戻る

★今回は行きは大韓航空、帰りはANAでした。え?と思われた?

★台湾へ行くなら、VISAカードで特典があることもありますよ!

★少額決済ならプリペイドカードが安心!

★国際キャッシュカードも使ってます!

★台湾はプリペイドのSIMカードが使いやすいところです。

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする