ad

ルフトハンザでミュンヘンからコペンハーゲンへ [2014年夏 コペンハーゲン空港女一人旅]

ミュンヘンーコペンハーゲン間はルフトハンザ航空でした。正確にはルフトハンザシティライン。短距離専門です。とりあえず国際線なんだけどなあ。何度も言うように、シェンゲン条約圏内なのでパスポートの提示は不要です。

⇒ミュンヘン空港を探検して、すっかり気に入っちゃった!

ルフトハンザリモワに後ろ髪を引かれながら搭乗

え??か、階段!?
ルフトハンザでコペンハーゲンへ

うわあ。さっきWorldShopでリモワを買わなくて正解だったかも。

バスに乗ります。これがねえ。外気は寒いのに開けっ放し。全員を一つのバスに乗せたっぽいです。

小さな、小さな飛行機でコペンハーゲンに向かいます。
ルフトハンザでコペンハーゲンへ
機体は予想通り、小さなもの。バス移動です。小雨で良かったけど、寒い。気温は摂氏13度の世界。

あら。タラップは飛行機付属なんだ。わあ。やっぱり手荷物は小さくしてよ・・・

ええ?

見えます?小型スーツケースを持っているような人は、預けていっています。

ルフトハンザでコペンハーゲンへ
えー!結局もう一つ預けられたんだ。だったら、空港でリモワのルフトハンザモデルを買えばよかった!

とーっても残念です。

機内にて

さて、サーブされたのはパックに入ったサンドイッチ。
ルフトハンザでコペンハーゲンへ
日本と同じタイプのサンドイッチですね。こういうサンドイッチは見かけないわけではないけれど、立食パーティーのフィンガーサンドイッチのような感じで見かけることが多くて、食事どきにポンと渡されるものとしては珍しいかな。

いわゆる生き延びるための食事でしかないのですが、下手に味がついていないし、私は結構好きなんです。ドイツも食に命をかける人たちではないみたいですね。黒パン一つでも良かった。

着陸間際、海の中に規則正しく何かが立っていました。
風力発電です。10年前、まだ風力発電が珍しかった頃、スウェーデンからデンマークに渡る橋から見れるかなーなんて思っていたけれど見られなかったのを思い出しました。

コペンハーゲン到着

北方なのに、コペンハーゲンは晴れ。

やっぱり飛行機付属のタラップで下りて、階段を上って建物へ。バス移動がないだけ楽でした。

ルフトハンザでコペンハーゲンへ
うん。リモワを買わなくて良かったかも。とすっぱい葡萄精神です。

摂氏24度と暖かいけれど、この温度差は自律神経がぶっ壊れ気味の私には結構きつかったです。

そういえば、このコペンハーゲン空港で、北欧四カ国の首都の国際空港は全部制覇したのでした。

▶︎ コペンハーゲン空港 もくじ に戻る

★SIM持った?私は次回のヨーロッパでは多分事前に周遊ローミングSIMを手配していくと思う



★クレジットカードの他に、プリペイドカードと国際キャッシュカードを用意して、お金を引き出せるようにするのが姉御のオススメ

★このとき、Taipei-Vienna/ Munch-Copenhagen-Tokyoというルーティングだったのですが、それはANAのマイルでだした特典だったからです。
>>ANAカード

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする