ad

香港のそこそこ便利な公共交通網アプリ二つ 

香港ってMTRでいろいろいけますが、さらにバスに乗れると移動しやすいです。広東語はできないし学ぶつもりもない私は、香港人なしにタクシーに乗ることはありません。観光客だし。行き先は限定されるけれど、同時に行き先を選べる気ままさが観光客のいいところです。

バスって便利ですよ。行き先が明記されているバスは安心して乗れます。支払いはオクトパスなので明瞭だし。

でも、バスって難しいんですよねえ。いろんなところにバス停があるけれどどこで乗ったら目的地の近くに行けるのかわからないし、目的地の近くのバス停もわからないし。

行き先が書かれているのに、勝手に勘違いして乗っちゃったり。きちっとしたプランを立てないドタバタ旅行が可能なのも、場所が治安の良い香港だからこそなのです。
⇒香港で適当にバスに乗るととっても楽しい〜香港島爆走

事前に調べるときに頼りになるのがアプリです。他の土地ならグーグルマップで探すのだけど、香港ってGPSがうまく機能しないしグーグルマップがしょっちゅう間違ってる都市だから。

iOS/ Androidともにある無料アプリなので、ご自分でどうぞ。

HKeTransport

こちらはすべての交通網を網羅したアプリです。これがバスの路線を調べるのに役に立つのです。

app

これは私には少し曰く付き。
2014年1月はXperiaとiPodTouchで行ったのですが、肝心要の香港でアップデートすると落ちるようになったのです。しかもPCCWの3Gは遅すぎてグーグルマップも肝心な部分が表示されないし。これじゃテザリングも無理でしょ、とiPodでは試しませんでした。

2014年7月にウィーンでわざわざXperiaとiPadにSIMを入れたのはそういうわけだったのです。市内に出て3以外の会社を契約するべきだったのですが、英語が通じるかわからないし面倒だったので割高な空港で購入したのです。

iPad版アプリでも光回線なのにやはり地図は重めです。

でも、画面を長押ししてポインターを合わせて「この辺りからこの辺りに行きたい」とすればミニバス路線も出してくれるし、途中のバス停も表示してくれるのでそこそこ使えます。

2015年4月ではどちらかといえば、空港やホンハム駅とホテルとの間でどうやっていけばいいか、そして料金を探るのに使いました。2015年はずっとこんな感じで使っていて、現地では使ってません。

例えばこんな感じ。
20150511002330
セントラル駅からミニホテルへは何かバスないかなーって探したのです。
⇒中環の安宿・ミニホテルセントラルは狭いけれど香港なら仕方ない

自分のホテルの近くまで空港バスがないか探す、とかそういうときにも使えます。結果はスクショで保存するのが吉。

e transport

MTR Mobile

まずは地下鉄。
構内の情報も探せるし、交通情報も見られます。
東鉄線(ホンハムから国境まで結ぶ。途中に沙田という香港最大のベッドタウンを通る)って地上を走るからか事故が多いのね・・・とか。

一番の使い方はどうやってここからあそこに行こうかと考えるときです。新しい駅ができたときとか、公式だけあってすぐにアップデートされます。

次は、「どの出入り口だったらエレベーターがあるのか」を調べられる点ですね。これもホテル選びにの重要な要素です。

香港島側の場合、S1バスとMTRの組み合わせが一番安いし、時間が読めるのです。だからMTRも考慮に入れておくと楽ですよ。ただし、時間が読めるとはいっても、香港駅と中環駅の間は歩きますけど。

うまく組み合わせて使ってくださいね。

▶︎使えるアプリ もくじ に戻る