ad

香港空港で一番安い水を探せ! [2015年11月 香港二泊三日]

マニングスではエビアンを売っていた

マニングス(薬局)の水が安いんだという話で、マニングスを見ました。ここではエビアンの600mlか500mlと思われるものが11.2ドルでした。BonAqua(ボナクア)とかありそうなのに、ない。

カフェにもペットボトルを置いているのですがこれは総じて高いですね。それは仕方がない。

ゲート前のRelay(本屋)は500mlのキットカット付きのボナクアが16ドルでした。600mlかそこらが16ドルです。前回4月はこのキットカットつきを購入したんですよ。

無料にだってできるぜ

無料にすることだってできないわけではない。
どうするのかって?

飲用水コーナーに行くんです。空のペットボトルは持ち込めるんで、ここで水を汲んでいれてしまえばいい。
香港空港 水飲み場
飲料用だって書いてあるから良いと思うんだけど・・・みんな、水筒に熱水を入れたりしてるし。

注意書き。
香港空港 水飲み場の注意書き

日本人的には無理です。

最安値は免税店のギャラリア

実は私が見た中での最安値は、免税店のギャラリアです。
香港空港 安いボナクア
ここでボナクアの500mlが8ドル。大変良心的だと思います。
香港空港 ギャレリア

このギャラリアは、キットカットをつけてボナクアを売っていたRelayの向かいにありました。

資本主義

さて、Relayは500mlでキットカットをつけて16ドル、もう一回り大きいものを15ドルで売ってます。キットカットに8ドル?ちょっと高すぎません?5ドルくらいでしょう。もう一回り大きくてもせいぜい250mlか300mlなのに、倍するの?おかしくない?と思いましたか?

市中のウェルカム(スーパーマーケット)なんかに入れば、5ドルくらいのものですよね。

これが香港なんですよ。
真っ裸の資本主義、剥き出しのままの、食うか食われるかという、むしろ殺伐とした自由主義経済の地なのです。

買う奴がいれば売る、たったそれだけのことです。

15ドルのボナクアが嫌なら、8ドルを探せばいいんです。探せない奴が悪い、ということ。日本の空港の制限区域では、ペットボトル500mlで150円で統一されていてむしろ市中の自動販売機よりも安いのとは大違いでしょ。

日本が共産主義、計画経済だと言われるのはこういうことなのです。

どっちが好きですか?

延々書いておきながら、実は私はどうでもいいです。

そして、香港のこういうところが嫌だったら、そもそも香港を観光旅行で行く選択肢から外せばいいのです。

▶︎2015年11月 香港二泊三日 もくじ に戻る

★今回のフライトはFUK-HKG-TPE-NRTです。詳細はこちらに⇒海外発の特典航空券を組み合わせて遊んでます♪


★香港の、高くないホテルで、一番良かったのはここ⇒ベストウェスタンハーバービューホテルは常宿に決定かも


★香港のSIMならリピーターの姉御はこう結論付けた⇒結論:香港でSIMを買うならツーリストSIMが楽。それ以外ならさっさとAmazonで買え


★VISAカードで優待が受けられるかもよ?⇒VISAカードの優待を使って香港AELで往復するのって超便利だった!


★時間がないなら、素直に現地ツアーを買ってしまうのも良いと思う
>>【最低価格保証】香港・マカオのオプショナルツアー予約なら VELTRA