ad

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア

高速船で博多港から釜山へ [2014年夏 韓国南部二泊三日]

バスで博多港の国内線フェリー乗り場に行ってしまい、やっとの思いで国際線フェリー乗り場に行きました。

時間に余裕があって良かった。
間に合いました。とはいえ、一時間切ってたんですけどね。

500円の利用料と幾ばくかのサーチャージを支払い、上の階だと言われて上に上がります。
そのままイミグレをあっさりと通過して、気がつくと免税店でした。手荷物検査をされた記憶がありません。

さらに下に降りて、乗船です。

夏休みの週末なので子連れとか多いかなーと思ったのですが、子連れ客は一人もいません。女の子の二人連れとか多そうなのに、それもなし。韓流おばさんの集団なんかもまるでなし。韓国人のカップルとか韓国人男性の二人連れとかはかなり見ました。

確かに、安く売るわけだ。

福岡台北便なんて、おばあちゃんと母と子供、というような組み合わせや、両親と子供というような組み合わせがたくさんいたのに。
日韓関係は完全に冷えてますね。

出発です。
国際フェリーターミナル

出発

アサインされたシートは二階の女性優先席でした。選べるのですが、なぜか二階を選んでしまったのです。良く見えるよねーとか思って。
・・・そうか。階段だ。
荷物が軽くて良かった。
一階にもスーツケースを入れる場所があるのですが、あまり気持ちがよくないので二階に持って上がりました。
窓側でシートは2席。人はあまりいないので隣に誰も来ません。

グリーンシートなら何かサービスがあったでしょうけど、普通席は何もなし。
今回はビートルなので、船内販売は日本のもの、かつ円だてです。285mlのペットボトルが100円と良心価格でした。ウォン建てではいくらになったのか不明。

さよなら、福岡。
博多港を出る

出航後、一時間半くらいで左側に大きな島が見えました。
対馬かな。それから一時間で釜山です。
こんにちは、釜山。
街が見える

釜山の港湾に入る

船内ではWi-Fiが飛んでいました。Wi-Fiをつかみはするのですが、ネットには繋がらず使えませんでした。
wifi beetle
VPNを切ってもだめ。

全く揺れなかったわけではないのですが、飛行機と揺れがほぼ変わらないんじゃないかな、というような感じです。

釜山の港では人が少ないのでイミグレで並ぶこともなく、すんなり入国しました。
で、確か入国後に手荷物検査があったのです。少なくとも、福岡ではなく、釜山で手荷物検査をされました。

▶︎2014年夏 韓国南部二泊三日 もくじ に戻る