ad

VELTRA

携帯やタブレット・カメラを奪われても、追いかけてはだめ!

コロンビアで日本人男性が殺害されたそうです。世界一周中の大学生だったようです。

ご注意

以下は、被害に遭われた方を責める目的ではありません。
ただただ、ご冥福をお祈りいたします。

割りに見られる写真だ・・・何を持っておられたのだろう

こんなブログをなさってたようです。
人生の夏休みの夏休み

ご冥福をお祈りします。

NHKニュースで見た限りですが、「携帯とタブレット端末を奪われ、追いかけたところを射殺された」そうです。

ブログをご覧になれば分かりますが、「見られる」写真なんですよ。私なんかよりもはるかにうまいし、歪みが少ない写真ですから、仮にスマホ撮影なら高いやつ。情報を見ようと思ったのですが、EXIFが綺麗にしてあったので何で撮影したのかよくわかりません。ええ、私も綺麗にしてからアップしてます。

多分ミラーレス一眼以上のカメラをお使いだったと思うのですが。

スマホで世界で大人気のiPhoneにiPadを持っておられたのかもしれません。

SIMフリーのiPhoneを国内で買おうとすると9万円!?9万円!ってなりましたからね、私も。

⇒SIMフリースマホを買うなら、CPUが高スペックな方がいいのか、安いものを乗り換えるのがいいのか

そうでなかったとしても、持ち物を奪われたら、追いかけて取り戻したくなる気持ちはよくわかります。

この方の持ち物リストがないのでわからないのですが、それなりに精査するでしょうから、「気に入ったもの」を持って行っていると思うのです。

携帯の場合は通信手段を失うわけで、途方に暮れてしまいますよ。とっさに追いかけてしまうんじゃないかと思う。

しかしね、仮に型落ちiPhoneでも100米ドルで売れたら、それはそれで大金という地域はたくさんあります。型落ちAndroidでも10米ドルになるかもしれません。ひったくってそのまま売り飛ばして10ドルか、自分で使うとしても、悪い商売ではないと思う人はたくさんいます。

その目先の10ドルを確保するために、銃を取り出す。

きっとその犯人も、別の10ドルかそこらのために死ぬ。

命の値段は10ドル。そんな世界があるのです。

9万円で買ったiPhoneかもしれないけれど、それを放棄して命を守ったほうがマシ。

スリや置き引きでも注意が必要

強盗にあったのか。
それともスリだったのか。

むしろ、スリや置き引きだったのかな、と思いました。

フィリピン・インド・ヨーロッパ・アフリカ・中米ときて南米ですから、それなりに危険を感じられたこともあると思うのです。ひょっとすると麻痺なさっておられたかも。

もしも、強盗だったらこの方も逃げたのかも。

スリだったから、武器を持っていないように見えて、追いかけてしまったのかも。体力に自信のある男性だからこそ、取り戻せると思ったのかも。

どちらも私の想像の域を出ませんが。

ブロガー・SNS中毒者は特に注意!

ブログを書いていると、いたるところで写真を撮りたくなります。
だって、説得力が増すでしょ。

しかし、撮影中は隙だらけ。

でもねえ、コメント欄を開放していれば「写真はないのですか」くらい書かれかねない。私は面倒すぎるのでコメント欄は開放しない主義だけど。

何か撮影したい景色やものがあって、それを撮影していたら奪われたのかも。カメラは出さなくても、スマホなら大丈夫かな、とかさ。

これまた、私の想像の域を出ません。

「そんなところで撮影しなければいいのに」

そんなことを言ってもどうしようもないのです。だって、そこに撮影したいものがあって、手元には撮影できるものがあるのだもの。

(空港などにはかなりあるのですが)撮影禁止の場所ではないなら、撮影しちゃうよ。

まさに、我がことです。

中国ツアーから写真を連投してくださる方がおられます。大変ありがたいですし、私もそれをしてくれることを期待していました。
ただしそれは「ツアー」だからできることであって、自己手配&一人旅ではできることではありません。

「SNS映えする場所に行きたい」というような場合は気をつけてね。ガイドさんがおられて、連れまわしてくださるならそういうことができる、というところは地球上にはたくさんあります。

どうすればよかったのか

「ものは諦める」
これしかないのでしょう。

そしてその場所をできる限り早く立ち去り、まずは警察に行く。大使館が近くにあれば大使館に行く。

「逃げる」しかないですよ。

巻き込まれたくないし、それが日常でもあるので、周囲の人たちは助けてくれませんから。

しかし、難しいですよね・・・。

実は南米で行きたいところがある。それはボリビア

それはボリビア。

「明日に向かって撃て!」のラストがボリビアです。

これ、ラストシーンです。

二人の銀行強盗がアメリカでは追われに追われて、「ボリビアで強盗しようぜ」となるわけ。

それ以来、「ボリビア」はなぜか強烈に「行ってみたいところ」の一つです。

生きていれば、とっても落ち込んでしまって、死にたい気分になることだってあります。そういうときにつぶやくの。「ボリビアへ行こう」って。

実際問題としては、アメリカが(現在でも?)犯罪人引渡し協定を結んでいないのがボリビアだから、ボリビアに逃走するのかもれしれません。

これまた「バーン・アフター・リーディング」の知識なので、突っ込まないで。

大っ嫌いなジョージ・クルーニーの、この「逃走しよう!」という表情が大変よいのです。

外務省のHPでボリビアを調べてみようぜ

危険スポット広域情報:ボリビア

最近の地球の歩き方には、ページの下に投稿の「怖かった」話がなくなってて、安全対策基礎データが頼りになります。
安全対策基礎データ:ボリビア

今回のコロンビアのケースによく似た感じのがありました。

* 日本人男性が銀行で現金を引き出した後,車でショッピングセンターまで移動し,現金の入ったカバンを肩に掛けて徒歩で移動中,背後からカバンをひったくられそうになった。そのため抵抗したところ,犯人が拳銃を取り出して3発発砲し,そのうち1発が右手中指に当たり負傷した。

うん。ボリビアに行ったら空港から動けないわ・・・

でもねー、入国スタンプだけは欲しいの。「ボリビア」って。
ボリビアトランジットか、ボリビアタッチで十分だ・・・ってなりました。

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする