ad

CSLのDiscover HK Tourist SIM Cardは使い捨てなくてもリチャージして使えてるってよ!

香港のSIMならどれが?と聞かれることがあります。
Discover HK
多分設定もいらないだろうし、ツーリストSIMが楽ですよ、と申し上げることにしています。

香港空港の到着階、1010に行けば設定もしてくれます。

2016年7月現在、一枚で通常・マイクロSIM・ナノSIMが使えるdiscover hong kong tourist sim card nano micro mini 3 in 1がAmazonに入荷しています。


深夜到着でもない限りは、1010で買うのがおすすめです。

姉御は香港では使い捨て派

さて、私は前回2016年1月に使用したツーリストSIMは使い捨てました。

私が興味があるからSIMの記事を書いているわけですが、いろんなの使ってみたい。次は3のSIMも用意しているけど、空港のトラベレックスで売っている中国移動も使ったことないから買ってみようかと思ってます。

香港のプリペイドSIMは本当に移り変わりが激しいので、リチャージしてまで使おうとは思えないんですね。

ツーリストSIMは4Gだしリチャージしても良いかも

ツーリストSIMを使い捨てずにリチャージして使用なさった方のお話を伺うことができました。

確かに、ツーリストSIMは4G対応になっていますし、2014年と2015年で大きく異なったのは4Gサービスが始まったからかもしれません。だったら、リチャージしても良いかも。

探さなくていい、というのは大きいかもしれません。

カードでリチャージ(トップアップ)

できればいいな、と思って前回のツーリストsimにチャージしておきました。

リチャージするのはここからかな。
https://prepaid.hkcsl.com/creditcardtopup

どうやらアマゾンで購入した場合、業者さんが日本語での取説を入れておられたようで、そこにリチャージ方法も書いてあったようですよ。

英語ではRecharge、というよりもTop Upですね。リチャージカードもコンビニなどで購入できます。CSLのリチャージカードはおそらく深水歩のSIM屋台でも購入できるのではないかと思います。

私、SIMを捨てたのみならず、表紙の紙も捨ててるので、詳しいことは書けませんが。

電話番号とSIMの番号どちらも(もしくはどちらか?)を用いてリチャージするようですね。SIMの番号そのものは、SIMの裏側に刻印されていますよ。

CSL

この方は200ドルチャージしておかれたんだそうです。

日本発行のVISAのクレジットカードが使えたそうです。

USSDコードでパッケージを購入

*131#ののちに電話ボタンを押すと、次を聞いてきます。1が5日間パッケージを追加申し込みで48ドル、2がマカオ等でのローミングだったそうですよ。

そうかあ。5日間、容量1.5GBなのかな?これがSIMを調達する時間が節約できた上に、48ドルなら妥当だと思います。

有効期間はリチャージしてから180日間伸びるそうです。

リチャージ、悪くないかも

この話を伺って、私、実はあのSIMどこにやったっけ?と探したんです。・・・捨てたんだったわ、確か。おしいことをしたかも!

今後ツーリストSIMカードそのものがどうなるかわかりませんが、まだお持ちで、もしも香港に何度か行かれる予定があるならば、リチャージも考慮に入れてもいいかもしれませんよ。

なお、ツーリストSIMを利用するためには、SIMフリー(SIMロックが解除されている)携帯が必要です。

私はエクスパンシスでXperia Z5 Compactを輸入しました!もう一つ日本のZenFoneも持ってます!

>>Expansys [海外SIMフリー] 人気のSony Xperia 最新機種販売中!

こちらの記事も興味があるかも

▶︎香港で使えるSIM もくじ に戻る

ad



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする