ad

跨境王 加強版 はチャージすると元の期限から延長される! [2016年8月 香港旅行]

上海行きの前にアマゾンで購入した跨境王 加強版です。

今回入れていたのはZenFoneです。香港でもローミングをオンにしないとデータ通信はしないようですね。

3Gだというのもあり、データローミングどころか、モバイルデータ通信も切って、中国移動香港を入れたXperia Z5 Compactからテザリングしていました。もしも中国移動の4GSIMを使い切っていれば、跨境王を使おうと思っていました。

リチャージしたら、期限がさらに180日延長された

香港でこのSIMはどうなってるかな、と見て、再びクレジットカードでチャージしました。やはり、キャッシュパスポートでは名前が通らず、使用できませんでした。

ユニコム

さて、これでどういうことかわかるでしょうか。

2016年8/25段階では37.81ドル残っていて、期限は2017年1/19でした。

100ドルチャージしたので、138.61ドル残っていて期限は2017年7/18になりました。

つまり、1/19から半年間延長されたのです。

悪くないと思ったのですがいかがでしょう。

例えば台湾の中華電信の場合は、リチャージしたその日から180日期限が延長される、という仕組みです。

・・・管理費18ドル

ただし、このSIMの場合は、毎月18ドルも管理費を取られます。管理費を引けなくなったら、無効になります。つまり、100ドルしかチャージしていないので、次は7ヶ月後か〜。

1500円ですよね。

んー。記事のために延長して、どうなるのかを見たようなところがあるのですが、どうしようかしら。香港よりもむしろマカオに行きたいし、もちろんマカオでも到着した時点で使える跨境王があるのは便利だし。いつマカオに行くかわからないというか、決まってないし、むしろ、中国本土に行きたいしなあ。

今、跨境王の加強版は1900円前後なので、半年後に中国なり、マカオなりに行くなら良いのだけど。

そうではないなら、使い捨てても良いかな。ただ、加強版ではないものは、うまく使えなかったことがあります。これはちゃんと使えているしなあ。

さらに、中国移動香港の4G/3GのデュアルナンバーSIMはもう販売されないようですし、中国の登録されていない電話番号は順次停止されるという話もありますし。

念のためにキープするか・・・。

なお、日本ではソフトバンクをつかみます

SMSを受け取る方にお金がかかるのかがわからず、一気に失うとやばいよな、というわけで、日本でUSSDを打ち込んだことはないです。そういえば、ユニコムから広告のSMSは入ってきます・・・。

今はXperia X5 Compactの中に入っていますが、マカオの番号や中国の番号から着信があるんですよね。そして、日本ではソフトバンクを掴んでいます。

Amazonで買えますが、値段が上がり始めましたね・・・

この記事を読まれた方は、こちらの記事もよく読まれています

▶︎ 中国で使えるSIM もくじ に戻る

▶︎ 香港で使えるSIM もくじ に戻る

▶︎ 2016年8月 香港旅行 もくじ に戻る