ad

特典でアジア旅行のコスパが悪い?そうでもないよ

いろいろ計算しておりましたが、おそらく、ANAの特典で上海に行くのではないかと思います。

2016年6月は、台北からの帰国はキャンセル待ちをしていました。


しかしキャンセル待ちというのがどうにも気持ち悪くて、デルタのマイルを使って出しました。その話はまたおいおい。このフライトはフライトで時間がすっごく変なんですけどね。それもまた楽し。

さて、特典でアジア旅行(香港とか台湾とか)を出しているのですけど、マイラーさんとしては「やってはいけない」特典の出し方なんですよ。

でもね。

これ、行き先を上海にしてみますと、そんなに悪くないんですよ。

羽田

予約クラスS=マイル50%、予約クラスQ=マイル70%とか、ポイントはいろいろあるのですが、福岡から東京乗り継ぎだと、10万円近いのです。

それが、だよ?ローシーズンでは17,000マイルなんですよ。支払う7,740円を引くと、91,080円が航空券本体ですよね。ということは、1マイル=5.36円です。そう悪くないでしょ?

福岡発のANA便にこだわるなら、名古屋乗り継ぎがあって、これが安いです。

名古屋

7万円切ります。名古屋乗り継ぎ、悪くないなあ、と思い始めた・・・。これだと、マイル単価が悪い(3.45)なんで、これをマイルで出すのは嫌ですね。

ところが、私は福岡空港が最寄り空港ではないので、東京まわりの一択です。そうするとやっぱり9万円近いチケットなんです。

そう、悪くないのですよ。

なお、東京まわりの香港(福岡発)では。

HKG

これだと単価が悪いでしょ。東京まわりでええじゃん・・・になったりします。台北便(エバー運行便ではなくて、東京まわり)も大差ない値段が多いです。

上海便は便も多いし特典は取りやすいのに、正規割引チケットの値段が高めです。ビジネス客が多いのかしら。

というわけで、次はANA便で上海往復を出したいな、と思います。

地方発の場合は、特典でアジア便を出してもそんなにコスパが悪くないこともあります。ただし、予約クラスがとんでもなく良い条件(BとかMとか)が出てくることもありますし、安価に国内フライトもつけられるので、いわゆる「修行」にはむいています。

計算してみてくださいね。

私はANAカードも持ってます!

>>ANAカード


▶︎特典旅行の魅力 もくじ に戻る