ad

台南・ゼーランディア城は日本人の考える「お城」とはちょっと違った [2015年6月 台湾女一人旅]

台南をぶらぶらしたかったのですが、まずは一番遠いであろうところに行きました。

バスで安平古堡へ

グーグルさんのお告げに従って、シャングリラホテルの裏でバスを待ち、「安平」へ向かいました。

乗ったのはどうやら、観光循環バスだったらしい。これ、台南駅の、正面にあるバス停を通ったよ・・・

さて、「安平古堡」で降りました。ゼーランディア城の中華名です。オランダが作ったんですね。鄭成功との戦いの舞台もここ、安平古堡なんだそうです。

ゼーランディア城

近いのは入り口ではなくて出口

見えた見えた。結構近い。
ゼーランディア城

なぬ?
ゼーランディア城
ここ、出口だって。

ゼーランディア城の周囲を歩くと。
ゼーランディア城
門前市をなす。

入る

さて、入ります。入場料50元で、キャッシュオンリーの模様。

博物館

まずは博物館。
ゼーランディア城
ここに説明がありました。なんと、日本語つきですよ。

ゼーランディア城

ゼーランディア城

こんな風にレンガを組んでたんだね。

ゼーランディア城

清代にはゼーランディア城は打ち捨てられ、今の形に修復したのは日本統治時代だったんですって。煉瓦造りのお城ですが、現代日本人が思うような「城」ではなく、むしろ「要塞」でした。

博物館の外

オランダ時代のものが残ってるのはこの壁らしい。
ゼーランディア城

博物館の外なんだけど、なんだかSHEのエラ・チェン、イメージチェンジする前の「ボーイッシュないい子」とか、そうだよ、「君には絶対恋してない」の時代のエラとか、「新天生一対」の頃のエラが顔を出して売り子をすると似合うと思わない?
ゼーランディア城
ところで、気がついた?読めないかな。ラマネって書いてあるの。ラムネじゃなくてラマネ!かわいいなあ。

台湾のどこかだったかな。いや、香港ディズニーだったかな。ビー玉を落として飲むビン詰めの「ラムネ」を見かけたんですよ。買わなかったけど。買えば良かったかな。

こういう大砲が結構展示してあった。

ゼーランディア城

展望台に上る

展望台から。
ゼーランディア城
別方向。
ゼーランディア城
遠くに海が見えるね。

別の建物には売店と再度展示。
鄭成功は弓と槍。
ゼーランディア城
オランダ側は銃。
ゼーランディア城
火器と弓の戦いだったというのが言いたかったことらしい。確かにすごいよなあ。戦術勝ちだったみたいだよ。ただし、1600年(関ヶ原)はまだ明だし。あれ?銃はまだ中国に入ってなかったの?

とにかく暑かったし、そんなに大したところではない

この日が暑かったのもあるのですが、まあ、きつかった。

行くな、とは言わないけれど、社会見学で行くようなところなんでしょうね。

ゼーランディア城

そんなに「すごい!」とも思わなかったです。日本に結構ある再建の天守閣のお城と大差ないレベル、というかそれよりもかなり落ちると思った方がいいです。

姫路城はすごかったけどね!
⇒姫路城・・・でかかった・・・

印象的だったのはこの花だし。

ゼーランディア城

かわいいなあ。

もう一つ億載金城にも行っているのですが、どちらも交通の便がそれほど良くないです。
⇒台南・ゼーランディア城は日本人の考える「お城」とはちょっと違った
高雄発着の現地ツアーを使って連れまわしてもらった方がいいのではないかと思いますが、必ずしもゼーランディア城には行かないんですよね・・・

▶︎2015年6月 台湾女一人旅 目次 に戻る

★台北と比べると、南部は交通の便はあまり良くないので、行きたいところをカバーしている現地ツアーがあれば、参加するほうが時間が無駄にならないかな、と。
>>【最低価格保証】台湾のオプショナルツアー予約なら VELTRA

ad



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする