ad

台北101展望台は大きく3箇所にわかれてるよ! [2014年1月 台北トランジットで101!]

チケットを購入して、エレベーターで上がりましょう。

ところでここ、見るべきエリアは3箇所分かれています。

いわゆる展望台

まずは、いわゆる展望台です。

下を見れば夜景です。信義地区かな。

展望台

でも私はこっち。まるで外から見てるようですよね。

展望台

こんな感じ。

展望台

ほら、101って角が少し引っ込んでたり、装飾があるのです。それが見えるのが面白かったです。

他には、今回は夜だったので照明が落としてあります。でも真ん中のところにお土産屋がお店がありました。

ダンパールーム

お次はダンパールームです。

展望台の階から見るとこんな感じ。金色のボール、と書かれることもありますが、私には黄色いボールに見えました。

下に人がいるのがわかりますか?大きいですよね。

ダンパー

下に降りてみることもできます。

ダンパー

このダンパーが揺れることで風による振動から台北101を守っているのです。台北101の中ではちっとも揺れを感じません。

でもね。

このダンパー、認識できないくらい微かに動いているのでしょう。そのせいかこのダンパールームでは揺れを感じてしまいました。私、基本乗り物酔いをしない人なのですが、B1のティンダイフォンでたらふく食べた後です。これ以上いたらやばいな、と退散することにしました。

そしてこれが101のキャラクター、ダンパー・ベイビーです。

ダンパー

101で顔になってる!

こやつ、土産物屋で売られています。

101のおみやげ

ダンパーベイビー

屋外展望台

そして最後。

ん?戸外展望台?ん?
ま、ま、ま、まさか。

屋上展望た

私は乗り物酔いはしませんが、高所恐怖症です。恐ろしい。

どうかなーと行ってみました。

屋上展望た

階段を上ります。足で登ります。結構あったかな。

フラッシュを使わないのでぼけぼけですが。結構、寒い。風もふいている。これは古いコンデジで撮影しているのですが、「あ、だめなんだ」と良いカメラが欲しいなあ、と思ったのでした。

上を見上げれば。

屋上展望た

たまに雲の中に入ってるところですよ、もう。

101展望台

下から見上げたら全然見えないところまで来てしまった・・・

あののっぽのビルが、もう上にこれだけしか残っていないよ。怖い。

おそるおそる柵の間にコンデジのレンズを出します。写真としては下の怖くない展望台からとたいして変わらない。てっか、びびりすぎてろくなのが撮れてません。あー怖かった。

本当にここ、屋上で、網のようなものがかかっているわけではないのですよ。

屋上展望た

こーわーいいいいいいいいいい!

実は、解放されている部分はこの一面だけ。そりゃ観光客にぐるぐるまわられたら何がおこるか。

というわけで退散します。

屋上展望た

この最上階の展望台に行けるのは、天気が良いときでないと無理でしょう。今回はラッキーでした。

▶︎台北トランジットで101! もくじ に 戻る

★台北トランジットなら、ノボテルに宿泊するのが吉。シティスイーツにも宿泊したことがありますが・・・

★アジア旅行で台湾一泊、という場合は、タイのAISが出している周遊SIMを検討してみるといいと思います

★トランジットの時に現地発ツアーを使うのは旅程の都合上お勧めしませんが、台北二泊三日くらいのときには、現地発のツアーをうまく組み合わせるのがいいと思う。
>>【最低価格保証】台湾のオプショナルツアー予約なら VELTRA